プロバイダ博士|一番お得なインターネット回線を探すなら

プロバイダの基礎知識や失敗しない光回線の選び方を紹介

基礎知識

インターネット回線の利用料はマンションと一戸建てでは価格が違うってホント?

更新日:

インターネットの回線の料金は一戸建て、マンションによって価格が異なり、一戸建ての方が高く、マンションではマンションの世帯数が多い方が安くなります。

なぜこのように住んでいる建物によってインターネットの利用料が違ってくるのかをNTTのフレッツ光を例に解説していきたいと思います。

 

 

フレッツ光の一戸建てとマンションの価格

 

こちらのプランはフレッツ光ネクストの一戸建て(ファミリー・ギガタイプ)とマンション(マンションギタラインタイプ)の価格で、Wi-Fiルーターを自分で用意する場合の価格です。

一戸建ての場合は5,400円、そしてマンションの場合はそのマンションの世帯数に応じて価格が変わります。

つまり最もインターネット料金が安いのは16世帯以上のマンションということになります。

 

住む建物によって価格が違う理由

今回紹介した「フレッツ光ギガラインタイプ」は通信速度が最大1Gbpsとなりますが、一戸建ての場合は独占、マンションタイプの場合はマンションの住人で共有することになります。

つまり、一戸建ての場合の方が速度が何倍も速いため、価格も高いということです。

 

一戸建ての場合

一戸建ての場合は近くの電柱から直接宅内に光ファイバーケーブルを引き込み、1世帯のみでこの回線を使用します。

 

マンションタイプの場合

一方マンションタイプの場合は、近くの電柱からマンションに設置しているスプリッタまで光ファイバーケーブルを導入し、そこから各部屋へ分配するという形式になっています。

つまり16世帯で利用している場合は計算上、一戸建ての1/16の速度で利用するということになります。

 

マンションタイプって速度は遅いの?

一戸建ては専有型となり、マンションタイプは共有型のため、一戸建てで利用している場合に比べるとやはり速度は遅くなります。

しかし満足に利用できるインターネットの速度は3Mbps出ていれば問題ありません

3Mbpsであれば動画も画像がたくさんあるサイトも問題なく表示できるため、体感速度では遅い・速いは全くわからないため、通信速度に関してはそこまで意識する必要は無いということです。

もちろんスピード速度測定サイトで測定すると、10Mbpsほどしか出なかったりということもありますが、動画をインターネット上にアップロードしているYouTuberのような人でなければ通信速度は気になりません。

動画のような大きファイルをインターネット上にアップロードする際には通信速度の速さによってアップロードが完了するまで時間が全く違い、例えば5分の動画を100Mbpsでアップするのと10Mbpsでアップするのでは20~30分は違います。

動画を見る分には3Mbpsで十分ですが、アップロードに関しては速ければ速い方がいいということです。

 

住んでいる建物によるインターネット利用料の違いまとめ

・一戸建ての場合は価格が高くなるが、独占のためインターネットの速度が速い

・マンションタイプでは世帯数が多いほど価格が安くなる

・マンションタイプはネット回線を共有するため、一戸建てのタイプに比べると速度が遅い

・3Mbps以上速度が出ていれば使用にはほどんと問題ない

・動画のような大きなファイルを良くアップロードする人はできるだけ速い回線がおすすめ

-基礎知識

Copyright© プロバイダ博士|一番お得なインターネット回線を探すなら , 2019 AllRights Reserved.