プロバイダ博士|一番お得なインターネット回線を探すなら

プロバイダの基礎知識や失敗しない光回線の選び方を紹介

基礎知識

知らずに2重支払いしていませんか?プロバイダとインターネット回線の契約は別モノです!

更新日:

プロバイダの契約方法はインターネット回線と別々に申し込むパターンと、同時に申し込むパターンがあります。

もし別々で申し込んでいる場合は解約時にインターネット回線とプロバイダのどちらにも解約の連絡をする必要があり、それに気づかずインターネット回線だけを解約してプロバイダは解約していなかったというトラブルは非常に多く、インターネット回線を乗り換えた場合にプロバイダ料金を2重で支払い続けていたということは珍しくありません。

そこで、今後インターネットの契約について、ムダに2重で支払ってしまうことが無いように、インターネット回線とプロバイダについての解説をしていきたいと思います。

 

インターネット回線とプロバイダについて

インターネット回線は道路、プロバイダは車に例えるとわかりやすいかと思いますが、インターネットを利用するには2つの契約が必要になります。

まずインターネットを接続するには回線が必要になります。フレッツ光やau光を契約したときに工事業者が自宅までやってきて近くの電柱から光ファイバーケーブルを自宅内まで引き込み工事をします。

自宅まで光ファイバーケーブルが来たことによって道路が繋がった状態となります。しかし車が無いことには道路があっても意味がありません。そこでプロバイダが必要となり、プロバイダを契約することによって道路を自由に走れるようになり、インターネットが利用できるような状態になります。

つまり「インターネット回線」「プロバイダ」どちらか1つではインターネットは利用できず、どちらの契約も必要になるということです。

※大きなマンションの場合はすでに光ファイバーの工事が済んでいる場合が多いため、大掛かりな工事は行いません。

 

代表的なインターネット回線

・フレッツ光

・auひかり

・コミュファ光(中部限定)

 

代表的なプロバイダ

・So-net

・OCN

・BIGLOBE

・ぷらら

・@nifty

 

インターネットに接続するには「フレッツ光」と「So-net」などのような組み合わせで契約をすることになります。

例えば、インターネットが必要無くなったので解約しようと思っても、フレッツ光の解約だけではダメでSo-netの方も解約する必要があるのですが、これを知らずにフレッツ光だけを解約してSo-netはずっと契約をし続けたままで、ずっと知らずにSo-netだけを支払い続けているという話はよくあります。

また、解約ではなく引っ越しでフレッツ光だけを解約したのでそれで終った。と思っていたがSo-netは継続になっていて、引越し後新しいプロバイダと2重契約になっているということも多々あります。

これらのミスは単純にインターネットを利用するのに回線とプロバイダの2つの契約があるということを知らなかっただけですが、それだけで月に1000~2000円ムダに支払い続けてしまっていたのです。

 

別々で申し込んでいるか同じかを確認する方法

これまではインターネット回線とプロバイダは別々に申し込みをするのが一般的でしたが、最近は「光コラボ」といって、インターネット回線とプロバイダを同時に申し込むプランが出てきたため、光コラボであれば契約体系がシンプルになり、プロバイダだけを解約し忘れるようなトラブルも無くなります。

しかし、今現在の契約方法がどうなっているかがわからない方のために、別々で申し込んでいるか光コラボで申し込んでいるかを確認する方法を紹介します。

 

請求が2つから来ていれば別々で申し込んでいる

別々で申し込みをしている場合は、インターネット回線業者とプロバイダの2つから請求が来ます。

もしクレジット決済や口座引き落としにしている場合はインターネット利用料が月に2回に分けて請求されているため、請求の明細を見るとわかるようになっています。

 

価格の目安

請求額については、どの回線で2年縛りなどを付けているかによって異なるため、おおよその額で表示します。

インターネット回線 一戸建ての場合 マンションの場合
光回線の価格 4,000~6,000円 2,000~4,000円

 

プロバイダ プロバイダ料
500~2,000円

 

このようにインターネット回線の価格の方が高く、プロバイダ料の方が安くなっているため、明細を見てもどっちがどっちかわからないという場合は、高い方がネット回線、安い方がプロバイダと覚えておけばいいでしょう。

 

請求が分かれているかがわからない場合はプロバイダに電話で聞いてみよう!

もし請求が2つから来ているのか、1つにまとめられているかもわからない場合は現在利用しているプロバイダに電話で聞くというのが一番手っ取り早い方法となります。

例えばSo-netを利用している場合、So-netのお客様窓口に電話をかけ、「インターネット回線とSo-netはまとめて契約されていますか?」と聞いてみて下さい。

 

回線業者に同じように連絡をしても同時に申し込んでいるかどうかはわからない可能性があります。

なぜなら「光コラボ」の窓口はプロバイダになっているからです。そのため、電話で確認する場合はプロバイダに連絡した方が確実です。

 

これからのインターネットの契約はシンプルでキャッシュバックもある「光コラボ」がおすすめ!

このように、インターネット回線とプロバイダを別々で申し込むと、どちらかを解約するのを忘れてしまったり、2つに分かれて請求されたりと色々と面倒ですが、光コラボであれば1つに申し込むだけでインターネット回線もプロバイダも申込みが完了し、さらにキャッシュバックなどのキャンペーンも受けることができます。

もしこれまで知らずに2重契約をしてしまっていた方や回線とプロバイダを別々に契約するのは面倒だと感じる方は、光コラボでの契約をおすすめします。

おすすめの光コラボ

ドコモのスマホを使っていたら割引あり

GMOとくとくBB×ドコモ光

 

So-netとフレッツ光が一緒になった光コラボ

So-net光コラボレーション

 

関東に住んでる方におすすめ(3万円のキャッシュバックあり)

NURO 光

-基礎知識

Copyright© プロバイダ博士|一番お得なインターネット回線を探すなら , 2019 AllRights Reserved.